カラオケについての真実

あなたがカラオケのファンで、その歴史についてもっと知りたいのなら、これはあなたのための記事です。 

デバイス名は「空のオーケストラ」に変換されます。録音済みの音楽でいっぱいのこのデバイスは、友達がパーティーでABBAの「ダンシングクイーン」のオフキーバージョンを歌っているときに喜びと笑いをもたらします。 

今日は、カラオケのを学び 歴史、その始まり、そしていつ世界中で有名になったのかます。

日本では、夕食会やパーティーなど、どこでも音楽を楽しむことや集会が伝統です。カラオケは1971年に井上大佑によって発明されました。彼は未知の小さな日本のハイテク企業から連絡を受け、ビジネスクライアントが一緒に歌うことができる彼のキーボード音楽を再生するオルゴールを作成しました。 

大輔と同社は発売当初、発売に成功した。オルゴールの成功後、大輔は「ジューク8」と呼ばれるテープレコーダーマシンを作成しました。お金ときに曲を再生でき が 入ったます。  

「ジューク8」のレセプションは、何をすべきかわからない新しいマシンに誰も興味がないため、最初は悪いです。大阪の2人のクラブオーナーがマシンを試し、防音のカラオケルームを作った後、売り上げは急上昇しました。 

日本人は音楽が大好きなので、この機械が大好きでした。そのため、日本ではカラオケ機が人気を博しています。 KTVは、ショッピングモール、駅、さらには浴場の中に簡単に見つけることができます。カラオケマシンの成功は、韓国、中国、東南アジア、米国、ヨーロッパでも普及したときに新たな高みに達しました。 

大輔は、カラオケを発明したことで、2004年に権威あるIGノーベル平和賞を受賞しました。これは、人々がお互いを容認する方法を学ぶためのまったく新しい方法を提供します。 

今日、カラオケマシンは、世界中のさまざまな場所のモール、バー、ホテル、オフィスで見つけることができます。 「Singstar」、「Sing it」、「Lips」、「Karaoke Revolution」などのポータブルカラオケマシンが発明されて以来、自宅で快適にカラオケマシンを使用できるようになりました。 

一部の国では、カラオケマシンの使用がゲーム番組に組み込まれ、米国のCarpool Karaokeのようなテレビ番組で

もゲームにカラオケマシンの使用が組み込まれています。これらの種類のゲームは、調子が合っているかどうかを示します。あなたがどれだけ上手に歌っているのかを見せてください。カラオケマシンを搭載したビデオゲームには、「ロックバンド」、「ギターヒーロー」、「ザボイス」などがあります。

カラオケマシンの本当の魅力は、誰もが歌えることです。素晴らしい曲を演奏するのに、素晴らしい歌手である必要はありません。カラオケは誰にとっても楽しい雰囲気を作り出します。 

この記事を読んでいただきありがとうございます。楽しんで、その歴史についてもっと学んでいただければ幸いです。

Leave a Comment