カスタマーサービスへの入門カスタマーサービスでの

に飛び込むことに興味がある場合は、効果的なカスタマーサービス担当者になるための基本的なスキルについて学びます。 

カスタマーサービスとは何ですか?

カスタマーサービスは、現在および将来のクライアントに必要なサポートを提供しています。

カスタマーサービス担当者(CSR)であるあなたは、このタイプのサービスを提供するための鍵です。だからこそ、CSRはお客様と企業の良好な関係を築く上で非常に重要です。 

CSRのタスクは、ジョブごとに異なる場合があります。次にいくつかの例を示し

  • ます。銀行では、口座に関する質問に答えます。 
  • ユーティリティとコミュニケーションでは、サービスの問題を解決します。 
  • 小売業では、店舗で商品を見つけたり、返品を処理したりするのに役立ちます。 

CSRの一般的なタスク 

  • ニーズや苦情に耳を傾け、対応します。
  • 質問に必要な情報を提供してください。
  • 発注、返金、交換のプロセスを支援します。
  • 請求と支払いを監督します。
  • トランザクションの詳細を記録します。
  • アカウントを更新して確認します。
  • 調査してソリューションを提供します。
  • 支援できる他の部門または役員に顧客を紹介します。

CSR職場

の最も一般的なタイプのCSRは、音声エージェントまたはコールセンターエージェントです。音声エージェントは電話でクライアントを処理します。他の人は、電子メール、ライブチャット、またはその他の手段で対話できます。 

小売店に着陸すると、顧客と直接対話できるようになります。

コールセンターのエージェントには、ヘッドセットとコンピューターが付属するワークステーションが提供されます。現在、通話はオンラインで行われています。通常のコールセンターは混雑していて騒がしいかもしれません。作業は繰り返してストレスを感じることもあります。彼らはまた休憩のために短い時間を与えられるかもしれません。 

自宅で仕事をするオプションもあります。

心に留めておくべき3つの役立つヒント:

  1. 有能であること

会社に関するすべてのことを研究し、調査します。あなたは会社のプロフィール、製品、そしてサービスについての強い知識を持っている必要があります。これにより、お客様のニーズや質問に完全に対応することができます。

詳細に注意を払い、知識を保持します。これは有能であるために必要です。 

  1. 友好的である

ことあなたは友好的な態度を持っている必要があります。あなたは毎日さまざまな人々に直面するでしょう。それらのいくつかは素晴らしいでしょうが、それらは同様にイライラする可能性があります。とにかく、あなたは前向きで友好的であり続けなければなりません。しかし、これでは十分ではありません。顧客はまだ彼らが話している人との専門的なサービスを期待しています。そのため、常に2つのバランスを見つける必要があります。

このスキルは時間をかけて磨くことができます。一貫性があり真実であることは、CSRとして長い道のりを歩むでしょう。 

  1. 積極的に行動

する会社が新製品や新サービスを立ち上げた場合、CSRの義務は顧客に積極的に情報を提供し、連絡を取ることです。特定の企業はCSRからこれを要求するかもしれないので、彼らの期待であなた自身を更新してください。

CSRであるための鍵

優れた優れたカスタマーサービスが実現可能です。優れたCSRはお客様を第一に考えます。ただし、会社が設定した基準も満たしている必要があります。この仕事は困難や課題をもたらす可能性がありますが、同時に、やりがいのある仕事になる可能性があります。